猫はいつも毛づくろいをしており、部屋中に抜け毛が落ちているイメージがあります。しかし、猫にも換毛期があります。猫の換毛期に関することと、換毛期が訪れる前に準備しておきたいことについてご説明いたします。

猫の換毛期は春と秋に訪れる


猫の換毛期は春と秋に訪れます。猫の被毛は、被毛が二重になっているダブルコート構造で、冬の寒さもダブルコートによってしのぐことができます。

猫の被毛にはアンダーコートとオーバーコートがあり、換毛期の春には保温効果の高いアンダーコートが抜けていきます。特に春先の暖かくなる季節に向けてアンダーコートは抜けます。寒くなってくる秋には、アンダーコートが生え変わってきます。

室内飼いの猫に換毛期はない場合が多い

一年中冷房や暖房を使用しない場合を除き、室内飼いの猫は換毛期が訪れることなく、一年中被毛が生え変わります。季節の変わり目による換毛の必要がないためです。そのため、室内飼いの猫はなるべくこまめにブラッシングをしてあげると良いでしょう。

ストレスによる抜け毛


発情期の猫が、交尾をできないストレスを抱えてしまったために、抜け毛が増加することがあります。ホルモンバランスの崩れによるもので、ストレスが原因の抜け毛は左右対称に抜け毛が起きないため、日頃から猫の様子を観察しているとすぐに気が付くことができるでしょう。ホルモンバランスの崩れによる抜け毛の場合は、早めに動物病院へ連れていき治療を進めましょう。

換毛期が到来する前に準備をしたいこと

換毛期が訪れる前に準備をしておきたいことは、猫のブラッシングです。換毛期が訪れると、そこら中に抜け毛が散らばってしまい、掃除が大変ですし、抜け毛を放置しておくのも不衛生です。

そのため、猫に換毛期が訪れる前に、しっかりと猫のブラッシングをし、抜け毛をひとまとめにしてしまいましょう。長毛種であれば、換毛期に毛づくろいをすると被毛を飲み込みやすくなり、飲み込んだ毛が胃の中で固まった毛玉になってしまう原因にもなりますので、念入りにブラッシングを行いましょう。

猫のブラッシングで注意しておきたいこと


換毛期前、換毛期中の猫にブラッシングを行う際に注意しておきたい点として、力を込めてブラッシングをすることは絶対にやめましょう。力強くブラッシングをすると、猫の皮膚を痛めてしまい、抜けなくても良い被毛まで抜け落ちてしまう可能性があります。

猫にブラッシングを行っている際に抜ける被毛は、すべて新しく生え変わった被毛に押される形で抜けている被毛です。そのため、力を入れずにブラッシングをしても問題はありません。換毛期には、毎日ブラッシングを行っても良いでしょう。

毛玉ケアのフード、猫草を与えましょう

換毛期はいくらブラッシングをしても被毛が抜け続けるでしょう。もちろん頻繁にブラッシングをすることをおすすめしますが、猫自身も毛づくろいにより抜け毛を飲み込んでしまいます。

猫が抜け毛を多く飲み込んでしまうと、腸に詰まり病気になる危険性も考えられます。そのため、毛玉ケアのフードや猫草を与えるようにし、抜け毛が腸に詰まらないようにすると良いでしょう。

まとめ

換毛期は、ほとんどの猫に訪れます。換毛期の時期や対策を知ることで、猫の病気の対策にもなりますし、猫にブラッシングをしているときには猫との大事なコミュニケーションの時間にもなります。猫の被毛の管理は、私たち飼い主の務めです。換毛期の被毛の管理は、猫と生活をする上で重要であり、猫の健康管理にもなります。換毛期が訪れる前に上記の対策を行い、少しでも猫と飼い主が快適な暮らしができるように、日々努力しましょう。

獣医師からアドバイス!


猫は自分自身で毛づくろいを行える動物ですが、毛づくろいの過程で毛を飲み込んでしまいます。日常的に毛玉を吐くことがあるのはそのせいなのです。しかし換毛期では普段よりも抜ける毛の量が多くなるため、飲み込んだ毛の量によっては胃の中で巨大な毛玉を形成したり、腸の中を流れて行かずに詰まったりと消化器症状の原因になります。

とくに長毛種では要注意です。これを防ぐために、飼い主がブラッシングでグルーミングを補助してあげましょう。また、腸管の動きを良くし便通がスムーズになるように繊維質の配合を工夫したペットフードを普段から使うことで、消化管内に毛が留まらないようにするのもよいでしょう。

>>他の猫との暮らしに関する記事を見る