犬 目 充血
犬の目が充血している場合、様々な病気が疑われます。単に一時的な充血の可能性もありますが、犬のことを考えるのであれば、目の病気について知っておくことは良いことでしょう。犬の目が充血しているときに考えられる病気や、犬の目のケアについてご説明いたします。

犬の目が充血しているときに懸念するべきこと

犬 目 赤い
犬の目が充血しているときは、人と同じく目に何か異常が見られている可能性が考えられます。目の一部分に炎症を起こしている場合、目の充血が見られることがあります。

目の炎症は、角膜と結膜、そしてぶどう膜に起こります。角膜に炎症が見られる角膜炎は、黒目を覆っている角膜が何らかの原因により傷つけられることにより起こります。

また、結膜炎はまぶたと眼球をつなぐ膜の部分(結膜)が炎症を起こすことにより発症します。角膜炎と結膜炎のどちらも、砂やほこり、アレルギー等が原因となって炎症を起こすことが多いと言われています。

このふたつの炎症が悪化すると、ぶどう膜炎まで発症し、最悪の場合失明の可能性もあるため、目の充血が長い間続くようであれば、何か対処をしなければなりません。また目の疾患は進行が早いことが多いので異常をみつけたら早めに動物病院を受診しましょう。

犬の目が充血したときの対処法

犬 目 病院
犬の目が充血したときに、犬が目をこすったりする場合、症状が悪化してしまう恐れがあるため、エリザベスカラーをつけるようにすると症状の悪化を防ぐことができるでしょう。

また、しつこく目を気にする場合には、目に異物が入り込んでいる場合もあります。点眼薬で目を洗浄するのが最善策ですが、点眼薬がない場合には、少量の清潔な水道水でも対処することはできます。

失明を及ぼす危険な病気も

犬 目 充血
犬の目が充血していて、上記のような一時的な対処で症状が治まった場合は、特に気にする必要はないと考えられます。しかし、症状がいっこうに収まらない場合、まつ毛が逆さに生えて角膜を刺激していたり、角膜が傷つき潰瘍になってしまう、また緑内障等の大きな病気を疑わなければならないかもしれません。

緑内障は、眼圧が高くなることにより、視神経や結膜に異常を引き起こす病気です。白内障が引きおこす場合もあれば、原発的に症状が出てくることもあります。

初期症状として目の充血がありますが、症状が進行すると、目が白濁してきたり、強い痛みを及ぼします。そのまま放っておくと、犬は失明してしまいます。初期症状の際の治療法は、点眼薬等の簡単な治療で治すことが可能ですが、症状が進行してしまうと、眼圧を調整する外科手術をしなければならないこともあります。

目の充血は初期段階で治しましょう

目の充血による病気は上記のほかにも様々な病気があります。しかし、ほとんどの場合、初期段階の治療法は、点眼薬や内服薬程度の治療で治まることが多いです。放置すると症状が進行してしまうため、目の充血は初期段階で治すようにしたほうが良いでしょう。

日頃から目のケアをしましょう

犬 目 ケア
犬の目の充血は、日頃のケアによりある程度は防ぐことができます。目ヤニや涙が出ていたらこまめに拭いてあげることもひとつのケアになります。

また、長毛の犬種であれば、目のまわりの被毛を短くカットすることで、目に刺激が少なくなり、目の充血を防ぐことができます。また、日頃から犬の様子をよく観察しておくことで、犬がいつもと違う行動をしていたりすると目につくようになります。

少しでも犬の様子がおかしいようであれば、目の充血に限らずすぐに動物病院へ連れていくことが、症状の悪化を防ぐことになるでしょう。

すぐには連れて行くことができない状態で、犬の様子が気になるという場合は、webで獣医師さんに相談できるサービスを活用してみましょう。家にいながら、獣医師さんに相談することができます。症状を動画や写真で撮影し、獣医師さんに送信するだけで容態をみてもらうことができますので、ぜひ活用を検討してみてください。

まとめ

目の充血は、人と同じで犬も疲れているときに充血はしますが、その程度は犬にしかわかりません。日頃から目のケアを怠らず、目の様子をチェックしてあげてください。犬は嗅覚に頼って生活できるとはいえ、失明をしてしまうと、人間ほどではありませんが生活に支障が出てしまいます。

大好きな飼い主の顔も見れないなんてかわいそうですよね。愛犬に失明をさせないためにも、日頃のケア、何かあれば動物病院へ相談することを忘れずにいると良いでしょう。

>>他の犬の健康に関する記事を見る