gray cat with yellow eyes Scottish Fold
猫は不思議な生き物です。身近にいる動物なのに神秘的で、何を考えているかわかりません。あの不思議な瞳で、じいっとあなたを見つめている時、猫は何を考えているのでしょうか?実は、猫は、ただ、ぼんやりとあなたの顔を見つめているのではありません。何か要求したいことがあって、見つめているのです。

おねだりをしている時

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そろそろご飯の時間が近づいてきた時に、あなたのことを猫がじいっと見ているとすれば、それはおそらく「早くご飯をくれ」という合図です。早くご飯を出してくださいよう、と、心の中で願いながら、あなたの顔をじいっと見つめているのです。

ご飯だけではありません。頼みごとがある時に、猫は、あなたの顔を見つめます。窓のそばにいき、窓を見つめ、それから、あなたのことを振り返って、じいっと見る時。それは多分、「窓の外をみたいから窓を開けて」と言っている証拠。

トイレの前で困ったようにあなたの顔を見つめている時は、「トイレが汚いから、ちゃんと掃除をしてくれ」と言っているのかもしれません。そのほかにも、遊んでほしい時、かまってほしい時などに、猫はあなたの顔を見つめます。

ご飯の時間にご飯をあげるとか、トイレの掃除をきちんとするとか、猫の日常生活のお世話に関しては、猫の望む通りにしてあげる必要がありますが、仕事で忙しい時に、遊んでくれと頼まれても、それはなかなかできませんよね。

猫の頼みごとを聞いてあげることができないときには、猫の視線に気がつかないふりをして、なるべく、猫の顔を見ないようにしましょう。そして、仕事に没頭しているふりをすれば、猫もそのうち、あきらめます。

そのかわり、遊んであげることができる時には、たっぷり遊んであげて下さいね。

警戒している時

pixta_sight3
猫の世界では、視線を合わせるということは、あまり良いこととは思われていません。目と目がじっと合った時。それは、威嚇の合図。今からケンカをしてやるぞ、という合図なのです。野良猫が、あなたの顔をまばたきもせずに、じっと見ているということがありませんか。

それは、あなたのことを警戒している証拠。猫は、警戒するべきものを、まばたきもせずに、凝視します。そこで、あなたが、野良猫の目を見つめかえしたら、大変なことになります。猫は、あなたに威嚇をされていると思いこむでしょう。ヘタしたら、猫はあなたに攻撃してくるかもしれません。

もしも、猫に凝視されたら、すぐに視線をそらすことです。まばたきをしたり、視線をそらしたりすれば、あなたとケンカをするつもりはないよ、という意志を、猫に伝えることができます。一番いいことは、警戒モードむきだしの猫に気がつかないふりをして、サッサと立ち去ってしまう事。そうすれば、危険なこともありません。

甘えている時

pixta_sight4
飼い猫が、飼い主の顔をじいっと見つめてくる時。おねだりをしているのでなければ、甘えているのかもしれません。甘えている時、猫の目は細くなり、ノドは、ゴロゴロと鳴ります。よく信頼しあった飼い猫と、飼い主同士でしたら、いくら、お互いの目を見ても大丈夫。威嚇の合図にはなりませんから、好きなだけ、猫の顔を見つめて、幸せを分かち合いましょう。

まとめ

猫は、もともと、視線を合わせることを好まない生き物だと言われます。ですが、人と暮らすようになってから、人の顔をじっと見て、何かをねだったり、甘えたりするということを覚えました。猫が、何故、あなたの顔をじっと見ているのか。はじめはわからないかもしれませんが、猫と共に暮らすうちに、だんだんわかってくるはずです。あせらなくても大丈夫。猫と気長に付き合っていけば、お互いのことがわかりあえるいいパートナーになれるでしょう。

>>他の猫との暮らしに関する記事を見る